1万だけ借りたい

即日振込みで1万だけ借りたいなら、クレジットカードよりカードローンの方が早くに借入できます。
MENU

1万だけ借りたい

1万だけ借りたいときにふと思うのは、1回でも借入したら、その後が怖いのではないか?と思う方いらっしゃるのも事実です。
しかし、本当はお金を借りることは怖くないのです
ましてや、1万だけ借りたい場合は、カードローンで手軽に今日中にお金を借りることも可能です。

 

やはり多くの人は未だにキャッシングなどに抵抗を感じているようですが、今は昔とかなり事情が違ってきています。
法的にも安心できるキャッシングが本当に多くなりました。
それはテレビコマーシャルなどを見ていても頷けることでしょう。
今をときめく若い人気タレントたちが、笑顔でキャッシングを宣伝しています。
実はお金を借りるということは、それ自体は何も怖いことなどないのです。
その手段にはいくつもの方法があり、そのどれを選ぶかは人それぞれ違うものです。

 

たとえば、住宅や自動車などを購入するために借りるときは、比較的大きなお金が必要になりますから、住宅ローンですとか自動車ローンなどが一般的です。
これはもう、銀行などの金融機関で借りるのが通常でしょう。
しかし、1万円だけ借りたいなどの少しばかりの入り用のとき、その月の生活費に事欠いてしまったときですとか、急な出費のときなどは、今は消費者金融からの融資というのも大変多く利用されています。
1万円借りる場合の消費者金融も昔とはイメージがかなり変わってきました。

 

今どきのイメージは、簡単で、早くて、そして安心、ということです。

 

給料日前の急な出費などは、給料日までの間だけ必要なのですから、金利などもあまり負担にならないはずです。

 

ようは計画的なキャッシングがお金を借りる賢い方法なのです。

 

何度も言うようですが、今、キャッシングはそれほど怖いものではなくなりました。
借金の取り立てで怖いお兄さんが家までやって来るなどというシーンは、ドラマの中だけなのです。

 

 

返済方法が知りたいキャッシング返済方式

返済金額を1万だけにしたい

キャッシングの返済方式には、「一括返済」「リボルビング返済」「分割返済」があります。

では、例題からそれぞれの返済方法を詳しく見ていきましょう。

5万円を借りて30日が返済期日のケースを例にしてみます。

一括返済の場合、30日後に5万円+利息を一括で返済します。

リボルビング返済の場合、毎月の返済額を決めます。

1万円返済と設定したとすると毎月1万円を返済していき、最低でも完済には5ヶ月かかることになります。

ただしリボルビング返済の場合は、1万円の中に利息を含んで返済する元金返済と、1万円+利息を返済する元利返済があるため、元利返済をしていく方が返済期間が短く済むでしょう。

さらに細かく説明すると、リボ返済には「定額返済」「定率返済」スライド式返済」があり、その中の区分として元金返済と元利返済があるので、全部で7種類の返済方式が存在し少々複雑です。

各社で提供するリボ返済方式は平均して2〜5方式を提案していますので、はじめに確認しておいてください。

分割返済の場合、3回、5回、6回、8回・・・などというように決められた回数で返済します。

例えば3回分割なら1回の返済は約16,600円+利息となり、5回分割なら1回の返済額は1万円+利息、8回分割なら1回の返済額は6,250円+利息となります。

利息負担が少ないのは一括返済、ゆとり返済ができるのがリボ返済や分割返済です。

自分に適した方法で構わないのですが、キャッシングは早めの返済を心がけましょう。

メニュー

このページの先頭へ